機械器具設置工事業

こんな時ご用命ください 安心・安全の為に各種保険に加入しております

一般貨物自動車運送事業

「迅速・丁寧・確実」が私たちの第一の使命 輸送に付随するサービス 運輸安全マネジメントを導入 エコドライブ管理システム

ニーズから

物流業務のアウトソーシング 在庫の圧縮と、拠点の集約 倉庫を物流センターにしてアウトソーシング 欠品を減らし納品リードタイムを短縮 物流業務にシステム導入 環境配慮型物流「グリーンロジスティクス」

ニーズから

物流業務のアウトソーシング

物流コストで、お悩みはございませんか?
  1. 本業以外の物流業務に不慣れで、作業効率が悪い。
  2. 物流業務に費やす時間と労力を本業へ回したい。
  3. 物流の業務量が大きく変動するために、設備投資や人員配置に投資が出来ない。
  4. 倉庫、各種車両、管理システムといった物流業務への投資が過大である。
株式会社塚腰運送SHINANOでは、創業当初より単に「物を運ぶ」にとどまらず、包装・保管・出荷・運送・荷役・人員管理などのノウハウと専門性を築いてまいりました。
お客様の過大なご負担となります物流業務を、アウトソーシングでされる際は是非ともご相談ください。
資材から商品の保管・出荷配送を行うとともに、現品管理・入出荷管理・返品管理などの物流管理、受付管理といった代行業務を行い、お客様の物流をトータルでサポートいたします。

在庫の圧縮と、拠点の集約

物流拠点を集約し、物流コストを低減したい。
  1. 在庫圧縮を図りたい。
  2. 輸送コストを削減したい。

全国に置く拠点を集約する物流体制を構築し、ご提案いたします。
お客様の工場から効率的な輸送作業を行い、集約した拠点へのスムーズな在庫補充や、納品先への最適な配送体制をご提案いたします。

拠点を集約することにより、輸送効率が向上と輸送コスト低減が図られます。
拠点数が少なくなる事により、在庫圧縮が可能となり、拠点スペース、及び拠点人員のコストが低減できます。
株式会社塚腰運送SHINANOでは、全国の物流ネットワークをフル活用しどこの拠点、どこの納品先であっても最適な配送体制の構築が可能です。

倉庫を物流センターにしてアウトソーシング

物流センターの運営をアウトソーシングし、物流コストを低減したい。
  1. 自社倉庫を物流センターに転用したい。
  2. 物流センターの運営・管理を外部委託にし、コスト低減を図りたい。
お客様が建設した物流センターの運営を受け負います。
工場内の在庫を一元管理し、各物流センターや納品先に配送します。
お客様の大切な商品は、安全に搬出・搬入する梱包作業も経験やノウハウ、専門性が大切になります。
効率的な運営体制を構築し、お客様の物流コスト低減のお手伝いをいたします。

欠品を減らしリードタイムを短縮

物流に時間がかかり、販売機会を逃していませんか?
  1. リードタイム(納期)を短縮したい
  2. しかし余分な在庫は持ちたくない。

物流用語でリードタイム(納期)とは、商品を発注してから店頭に陳列されるまでの時間を言い、この時間が短ければ短いほど、欠品による販売チャンスを失わなくて済むというメリットがあります。
近年の物流スピードには目を見張るものがあります。
しかし、物流センターで検品と仕分けの作業を行う場合、店舗への納品は翌日が一般的となっています。
店舗では商品が到着してから品出しを行うため、配送順番の遅い店舗や、地方の店舗では更に商品の到着が遅れ、
大切な販売機会を逃してしまっているかもしれません。

物流工程において如何に作業時間を短縮させるかを突き詰めてご提案いたします。
店舗によるNO!検品の取組みと共に商品のカテゴリー別納品をご提案することで品出しの効率を高め、リードタイムの短縮に貢献できます。

物流業務にシステム導入

情報のシステム化により物流業務を一元管理したい。
  1. 商品の保管・在庫管理をシステム管理したい。
  2. 配送状況を一元管理したい。
  3. 納品ごとの納品先の条件に対応出来るようにしたい。

株式会社塚腰運送SHINANOでは、物流センターでの商品の保管・在庫管理を行い、培ったノウハウによる納品先ごとの条件に合わせた形態で納品しています。
そのための、お客様のシステムと連動した倉庫管理システムを導入も可能で、効率化を実現出来ます。

環境配慮型物流「グリーンロジスティクス」

物流によって生じるCO2の排出量を軽減させたい。
  1. 物流全般で、環境に配慮した業務内容にしたい。
  2. 環境に配慮した物流センターの運営を行いたい。

株式会社塚腰運送SHINANOのみならず、物流業界では総力を挙げて環境に配慮した「グリーンロジスティクス」を推進しています。

  1. 共同配送・共同物流といったプラットフォーム事業の推進。
  2. 自然エネルギーの活用し、省エネ設備を備えた環境配慮型物流センターへの建設ご提案。
  3. エコカー(環境適合車)の随時導入拡大や、アイドリングストップなどのエコドライブへのドライバー研修。
  4. 鉄道利用への転換。

これらのグリーンロジスティクスの推進により、物流サービス内で発生するCO2の削減に貢献して行きます。